神様の御導きに従って永遠の幸福を生きる

神様の御導きのもと皆様が永遠の幸福へと誘われますように…

神様にも自分にも従おうとしないもう一人の自分

f:id:wchiaki:20220408031735j:plain

Marianne North 作 「Red Water Lily of Southern India」/ wikiart.org



 

本当に正直で

本当に親切で

本当に良い人というのは

叱る人であり

戒める人であり

自分が嫌われることを

いとわない人だと

わたしは思っています

 

本当に正しい行いとは

そういうものだと思います

 

そのような人を大切にし

そのような人になる勇気が

学ぶときにも教えるときにも

必要なのかもしれません

 

神様のことを学ぶとき

神様がどういう御方か正しく分からずとも

神様を畏れ敬うこと

神様を信じて従うこと

神様を愛すること

これが大切だとわたしは思うのですが

 

何か大変なことでも起きた時には

誰もが神様を信じようとするかもしれませんが

普段から神様を意識して生きているかというと

みんながみんなそうではないと思います

 

神様のことを

本当に畏れ敬い

信じて従い

愛せているのか

ということをよく意識してみると

自分の中に

自分の意思にさえ従おうとしない

もう一人の自分がいることに気づきます

 

どんなに頑張っても

おそらくそのもう一人の自分を

自分自身で制御することができないのです

 

人間は

神様を畏れ敬うことも

従うことも

愛することも

もしかすると

神様の力を借りなければ

できないのかもしれません

 

何か試練とも呼ぶべきことが起きている時には

神様という存在を意識せざるを得なくなったり

従わざるを得ないところまで追い込まれたりするので

従うこともできますが

普通に暮らしている何事もない時には

特に難しいと感じます

 

それは

神様に本当には御会いしたことがなく

どのような御方かをこの眼で確かめていないので

本当に心の底から畏れ敬うことが

できていない証拠なのかもしれませんね

人間はどこまでも未熟なんだと思います

結局最後はそういう自分のことを

神様に許してもらうしかないのかもしれません

そんなことを思いました

 

いつもありがとうございます

いろんな学びを与えてくださりありがとうございます

神様が与えてくださった出会いに感謝しています

今日も良い1日をお過ごしくださいね

 

神様の御導きのとも、皆様が永遠の幸福へと誘われますように