神様の御導きに従って永遠の幸福を生きる

神様の御導きのもと皆様が永遠の幸福へと誘われますように…

神よ、わたしをお守りください。わたしはあなたを寄り頼みます。

f:id:wchiaki:20211106144152j:plain

 

日本には八百万の神が祀られています。

しかし、それらは本当の神ではなく

人間のご先祖さまや、架空の存在です。

 

f:id:wchiaki:20211106144428j:plain

 

それらにいくら手を合わせても

御利益はありません。

なぜなら、この世には、

私たちを創造してくださった本物の

神様が実在されていて、

その神様が、他の神様(偽物)を拝むことを

禁じておられるからです。

 

f:id:wchiaki:20211106144315j:plain

 

コロナ禍で、神社仏閣は、すっかり人影も少なくなりました。

本来なら、もっと人が増えても良いようなもの。

皆、それらに頼っても、助けてはもらえないことを

当然のように知っているからではないでしょうか。

 

f:id:wchiaki:20211106144745j:plain

 

しかし、本当の神様は、違います。

この世には、自分たちで解決できる問題もあれば、

天に委ねるしかないような大きな問題も起きてきます。

そうした時に、希望を見出すには、

本当の神様にお願いするしかないのです。

それは、決して恥ずかしいことでもなんでもなく、

むしろ、それが正しい道なのです。

 

人生の中で、神様にお願いするしかないというところまで

追い詰められる経験をされた方は、

むしろ、幸運なのだと思います。

なぜなら、その時に、

神様が実在されていることに気づけるのですから。

気づけた人は、どんな世の中になっても、

幸せに生きて行けるのです。

 

 

旧約聖書    詩篇 第16篇  ダビデのミクタム

第16篇[編集]

1 神よ、わたしをお守りください。わたしはあなたに寄り頼みます。

2 わたしは主に言う、「あなたはわたしの主、あなたのほかにわたしの幸はない」と。

3 地にある聖徒は、すべてわたしの喜ぶすぐれた人々である。

4 おおよそ、ほかの神を選ぶ者は悲しみを増す。わたしは彼らのささげる血の灌祭を注がず、その名を口にとなえることをしない。

5 主はわたしの嗣業、またわたしの杯にうくべきもの。あなたはわたしの分け前を守られる。

6 測りなわは、わたしのために好ましい所に落ちた。まことにわたしは良い嗣業を得た。

7 わたしにさとしをさずけられる主をほめまつる。夜はまた、わたしの心がわたしを教える。

8 わたしは常に主をわたしの前に置く。主がわたしの右にいますゆえ、わたしは動かされることはない。

9 このゆえに、わたしの心は楽しみ、わたしの魂は喜ぶ。わたしの身もまた安らかである。

10 あなたはわたしを陰府に捨ておかれず、あなたの聖者に墓を見させられないからである。

11 あなたはいのちの道をわたしに示される。あなたの前には満ちあふれる喜びがあり、あなたの右には、とこしえにもろもろの楽しみがある。

 

出典:詩篇(口語訳) - Wikisource

 

 

神様の御導きのもと、皆様が永遠の幸福へと誘われますように・・・